オリックスの吉田正尚が管理栄養士のゆり香さんと結婚!飛躍は内助の功

   

 

オリックスの吉田正尚外野手(25)が結婚していたことが9日、分かった。お相手は東京都出身の管理栄養士でモデルを兼務するゆり香さん(26)。昨年10月22日に婚姻届を提出しており、来オフに挙式を予定する。今季は自身初の全試合出場で交流戦MVP&ベストナインを獲得した若き主砲。来季は最愛のパートナーとともに、さらなる飛躍を目指す。

 

Sponsored Link
 

2人のプロフィール

吉田 正尚(よしだ・まさたか)

1993年7月15日:25歳
福井県生まれ。敦賀気比高から青学大を経て、2015年ドラフト1位でオリックスに入団。3年目の今季は全143試合に出場し、打率3割2分1厘、26本塁打、86打点。交流戦MVPに輝き、ベストナインにも初選出された。173センチ、83キロ。右投左打。年俸3100万円。

ゆり香(吉田ゆり香)

1992年6月24日:26歳)
本 名 不公表
日本の管理栄養士で、女性実業家、フィットネスモデル、元フリーモデル、リポーター。
群馬県出生、東京都出身。
身長/体重 165 cm / ― kg(公称サイズ:時期不明)
血液型 A型
備考 管理栄養士(2014~)、株式会社LiLy Foodist代表。

 

学生時代に渋谷でスカウトされ、フリーモデルとして活動。「ミス・ユニバース・ジャパン」や「関西コレクション」に出演する。大学卒業後に管理栄養士の資格を取得し、株式会社LiLyFoodistを設立、代表取締役社長を務める。栄養教諭など多数の資格も持ち、現在はフィットネスモデルを兼務しながらレシピ提案、栄養指導、講演を行う。

去年、一昨年と全試合に出場出来ず、不本意な年で終わっている。怪我にも泣かされた。
能力の高さは証明済みだったのに・・・

 

吉田選手:飛躍の秘訣は「内助の功」

 

3年目の飛躍の秘訣は、まさに「内助の功」だった。生涯の伴侶を隣にし、吉田正は左手薬指の指輪を輝かせて、喜びの報告をした。

 

「すぐに皆さんに報告するべきことでしたが、過去2年間は結果も残せず、昨年11月には腰の手術を控えていた。とにかく、今年のシーズンに集中しようと思いました。これからも、活躍することが2人の幸せにつながる。頑張りたい」

青学大2年の夏に知人を介して出会い、1年半後に再会。
一目ぼれならぬ「二目ぼれ」だったという。
代名詞のフルスイングと違い恋愛には奥手だったが、懸命にアプローチ。

 

迎えた2015年10月22日、オリックスからドラフト1位指名を受けたその夜、ゆり香さんの自宅付近の公園で待ち合わせた。「彼女の名前の由来なので」と、ゆりの花束を渡して告白。交際がスタートしたとのこと。

プロ入りしてからは遠距離恋愛。テレビ電話が日課だった。「明るくて、おもしろい。僕が弱音を吐ける唯一の存在」。気持ちは固まり、昨年6月24日のゆり香さんの誕生日に船上ディナーに誘い、プロポーズ。交際開始からちょうど2年となる同10月22日に婚姻届を提出し、今春キャンプ終了後に新婚生活を始めた。

 

愛妻の支えがなければ、2年続けて故障に泣いたスラッガーの今季の躍進はなかったはずだ。大学卒業と同時にモデル活動の一線を退いた新妻は管理栄養士として会社経営の道を選び、学んできた知識をフル活用。吉田正の遺伝子検査などのデータを参考に、料理の腕をふるった。

日々の体調に合わせて高たんぱく、低脂質の料理を食卓に並べた。休前日にはスポーツアロマトレーナーの資格を生かし、マッサージも施した。

 

同居からわずか3週間で体脂肪率5%減、筋肉量3キロアップの肉体改造を成し遂げ、開幕を迎えたマッチョマンは「全試合に出られたのはゆりちゃんのおかげ」と感謝。交流戦MVPを獲得し、「2人の目標だった」規定打席にも初めて到達した。打率3割2分1厘、26本塁打、86打点の好成績でベストナインに選ばれた。

 

Sponsored Link
 

吉田正尚のチャンス動画が話題に!

 

自らプロデュース「マッチョ」を前面に押し出しだこだわりの動画

【動画提供:オリックス・バファローズ】

 

プロ1年目の2016年目は63試合出場。10本塁打!
昨シーズンは64試合出場。12本塁打!・・・
怪我に悩まされながらルーキーイヤーから2年連続2桁本塁打をマークこそしていたが・・・。

 

昨年オフに腰を手術し、今シーズンの活躍が期待されていた。
見事、その期待に応えた年になった。肉体改造が成功した。
内助の功が、それを支えた。怪我に負けない体になった。

 

夫婦二人三脚でホームラン王も夢ではなくなった。
来季は西村新監督の下、主砲としてますますの活躍が期待される。

ゆり香さんが「マサの夢は私の夢。ずっと支えたい」と約束すれば、吉田正尚は「これからも、尊敬し合える関係になっていきたい」と誓い合っている。

 - 未分類 , ,