福岡国際マラソン:服部V日本勢14年振り、2時間7分27秒

   

 

2020年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)の出場権を懸けた第72回福岡国際マラソンは2日、福岡市の平和台陸上競技場発着のコースであり、服部勇馬(トヨタ自動車)が日本歴代8位の2時間2分27秒で初優勝した。

 

Sponsored Link
 

福岡国際マラソン

 

25歳!終盤に爆発力を発揮!
同マラソンでの日本勢の優勝は04年の尾形剛(中部電力)以来14年振り。
すでにMGC出場権を獲得している前日本記録保持者の設楽
悠太(HONDA)は2時間10分25秒で4位、園田隼(黒崎播磨)が2時間10分31秒で5位。

 

服部と6位の山岸宏貴(GMO)、7位の福田穣(西鉄)の3人が条件を満たしてMGC出場権を得た。

 

レースは32キロ過ぎに先頭集団から服部、ツェガエ(エチオピア)、メセル(エリトリア)の3人が抜け出し、設楽や園田らが遅れた。

 

36キロ過ぎで服部が抜け出し、そのまま逃げ切った。(正午の気象条件=晴れ、20.2度、湿度47%、東南東の風2.7m)

 

服部は4度目のレースで、やっと殻を破れた。
「練習でやって来た成果がそのままタイムに出て嬉しい」。
フィニッシュテープを切ると帽子を放り投げ、右腕を空に向かって大きく振り上げた。

 

過去3回のマラソンでは、いずれも終盤で失速し課題に掲げていた欠点であった。勝負にでたのは36キロ過ぎの給水地点。ツェガエ、メセルが遅れたのを見て「勝負してもいいかな」とピッチを上げた。

 

40キロまでの5キロは昨年3位だった大迫傑(ナイキ)の15分18秒を上回る加速でトップを独走し、ついに優勝を飾った。

 

服部選手の経歴

 

東洋大では3、4年時に箱根駅伝でエース区間の2区で区間賞を受賞。しかし、トヨタ自動車入社後は怪我もあって伸び悩み、佐藤監督は「歯がゆかった」と述べている。

 

変わるきっかけは、佐藤監督の提案で参加した7月の米ボルダーでの日本陸上競技連盟合宿。ジャカルタ・アジア大会で優勝した井上大仁(MHPS)らの練習を目のあたりにし、「一日一日を競技のために使っていた。自分が怠っていると思った。」と語っている。

 

大会前の40キロ走を7回にし、スピード走でもフォームが崩れない様に意識して走った。「アクセルを踏まずとも1キロ3分ペースを維持出来た」と終盤での爆発力につなげる事が出来た。

 

日本陸連の尾県貢専務理事は東京五輪に向け、大迫、設楽、井上に加え「4強になった」と表現した。服部自身は「まだまだです」と苦笑いで謙遜したが、25歳にかかる期待は大きく膨らむことになった。

 

瀬古利彦・日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトリーダー

は、「服部の走りで(好記録が続く)日本男子マラソンが本物の本物になってきた。末恐ろしい選手が出てきたなと思う」と述べている。

 

Sponsored Link
 

東京五輪:マラソン代表の選考方法

 

17年夏から19年春までの国内の指定大会「MGCシリーズ」で、日本陸連が各大会に定めた順位とタイムの条件をクリアすれば、19年9月15日開催のMGCの出場権を得る。

 

ほかにジャカルタ・アジア大会3位以内などの「ワイルドカード」などもある。男子は福岡国際、東京、びわ湖毎日、別府大分毎日、北海道がMGCシリーズに指定されている。

今回、クリアした服部勇馬、山岸宏貴、福田穣を含めて21人が出場権を得ている。

 

五輪代表はMGCで男女2人を決定し、残り1人はMGC後の男女各3レースで設定記録をクリアした選手が選ばれる。設定記録を突破する選手が出ない場合、MGCの1~3位が代表となる。

 

山岸と福田もMGC出場権を手にした。
中間地点を過ぎて先頭集団から離されても35キロまでは同じタイムで競い合い、6位と7位でフィニッシュした。

 

一般参加の山岸は、後半失速して2時間12分台だった2年前の福岡国際マラソンを振り返り「悔しい経験が生きた」と述べた。

 

地元・西鉄の福田は「普段から練習しているコースでMGCを決めたいと思っていた。最低限の目標は果たせた。」と語る。しかし・・・

 

リオ五輪マラソンで金メダリスト!
エリウド・キプチョゲ(ケニア)選手。
今年のベルリン・マラソンでは、驚異の世界新記録。
実に「2時間1分39秒!」を達成している。

 

彼らは、このキプチョゲ選手に何処まで迫れるか?
いささか楽しみが出て来たけど・・・
圧倒的な実力差は如何ともし難いと思う。

 - 未分類