芸能プロ社長の凄絶パワハラ!煮えたぎる鍋に部下の顔を突っ込む

   

 

ここまで酷いことをするパワハラは、ちょっと見たことがない。よくぞここまでやれたものだ。動画を見てびっくり仰天した。3年もバレズに、この社長は普通に生活していたのか!?ディリー新潮の動画を見て、この社長の行為は鬼畜以下の所業であると思った。人間ではない。絶対に許さるべき輩ではない。

 

Sponsored Link
 

ここまでやるか!これは、もう人間のやる行為ではないぞ!

 

21日発売の「週刊新潮」が報じている芸能事務所の社員が社長からうけた壮絶なパワハラについて21日、この社員が加害者に対して刑事告訴する方針であることが分かった。

この社員は22日に、代理人の弁護士同席のもと、都内で、会見するという。刑事告訴に加えて、損害賠償を請求するという。

 

当然の行為だと思う。しかし、なぜ、この社員は3年も我慢して来たのか?私にはその神経が良く分からない。自分なら、きっとすぐにこの社長を殴り殺していると思う。そうされても仕方のない程の所業である。必ず復讐し、100倍、200倍以上の苦しみを味合わせてやるだろう。

 

同誌によると、このパワハラが起きたのはファッション誌「Popteen」の元モデルなどが所属する渋谷の芸能プロダクションの忘年会であり、2015年12月20日だったという。

 

加害者はこの芸能プロの社長で、被害者は当時23歳の社員だった。頭を押さえられたこの社員が、しゃぶしゃぶ鍋に顔をつけられるという、衝撃のパワハラだった。証拠として同誌のウェブ版が報じた動画によると、こんろの火はついたままで、女性の悲鳴がひびき、苦しみの表情を浮かべた社員がのけぞっているという、パワハラ動画だった。

それが、この動画だ!しかも2回も鍋に顔を突っ込んでいる。極めて悪質だ!

この社員の代理人弁護士によると、社員の事件翌月の給料は8万円だった。さらに、鍋に顔をつけられる前に、ビール15杯、レモンサワーをピッチャーで2~3杯飲まされていたという。そのほか、この社長は「自ら鍋に頭を突っ込んだ」と行為を否定しているという。
全然、反省はしていないな。断固として制裁を科すべきだ!

社会的に抹殺すべき輩である。

 

こんな輩は仕返しを受けたところで誰も責めはしない。
そうされても何の不思議もない『悪辣な傷害行為』である。
単なる『パワハラ』などではない。
パワハラなどという言葉に軽さを感じてしまう。

 

社会的に抹殺されるべき輩である。ヤクザより始末が悪い。こんな奴が、社長として、人の上に立っているというだけで罪深い事である。立場が上という事を盾に取り、相手が逆らえないのをいいことに悪辣極まりない所業に及んでいる。
厳罰に処すべきであるし、何よりも「顔と名前」を公表すべきであろう。

 

刑事罰や損害賠償など受けて当然である。
しかし、それだけで許してはいけないのだ。
こういう輩は社会的に抹殺すべきであろう。
一生、食えない立場に追い込むべきである。
普通の生活を送らせてはならぬ輩である。
地べたを這いずり回らせ、唾を吐きかけてやるべきである。

 

Sponsored Link
 

一体、どこの誰なんだ!?

 

「顔と名前と住所、電話番号、経歴」全部公表しろ!
渋谷の芸能プロダクションというだけでは何も分からない。
いつか、どこかで、いきなり誰かに殴り殺されても弁解できる行為ではないぞ。
土下座して詫びても許される行為ではない。
若者の顔に一生消えない火傷を負わせておいて、『自分から鍋に顔を突っ込んだ、悪ふざけだった』などと言い訳している。反省の色が見えない。本人は全く悪いと思ってはいまい。

 

これだけ、はっきりと動画に映っている。
言い訳出来る神経に苛立つ。猛烈に腹が立つ。
動画を映した奴らにも罪の意識はないのか?だから、3年も放って置いたのか?
止めなかった周りの連中も同罪だな!
人間として恥ずかしくないのか?
こんな輩をのさばらしていてはいけない。

 

パワハラはここ10年増え続けているらしいが・・・

 

これほど悪辣なのは珍しい。
一体何時から、こんな嫌な世の中になってしまったのだろうか?
昔からあったか!
表に出て来なかっただけで、ずっと続いていたか?

後遺症の残る可能性がある熱傷を負った従業員は、『社長からの日常的なパワハラで精神的に追い詰められていた』と当時を振り返る。「“クライアントさんもいるんだから面白いことやれ。鍋に頭、突っ込めよ”と囃されて……」と・・・

可哀想に・・・散々、追い詰められて、もう抵抗する気力も体力もなくなっていたのだろう。

一方の社長は取材に対し、“悪ふざけだった”旨を文書で回答。この無神経さに呆れ果てる。11月21日発売の週刊新潮で詳しく報じると共に、現在デイリー新潮にてパワハラ動画を公開中である。「週刊新潮」2018年11月29日号 掲載

この社長、絶対に社会的制裁を受けさせるべきである。
断じて、このまま許さるべき輩ではない。

 - 未分類