原監督が巨人に3度目の復帰、FA宣言選手を丸取りの大型補強か?

   

 

プロ野球のフリーエージェント(FA)宣言選手が14日に公示された。5選手が権利を行使し、西武・中村剛也(35)を除く4選手が移籍を視野に入れる。今日、15日から他球団との交渉が解禁され、巨人は広島・丸佳浩外野手(29)と西武・炭谷銀仁朗捕手(31)の獲得に乗り出すらしい。原辰徳監督(60)は公示後即ラブコールを送り、交渉の場に「ダブル出馬」する意向を示した。

Sponsored Link
 

原監督!問題山積み、これでいいのか?

 

原監督には、数々のFA戦士のハートを射止めてきたという実績がある。編成面を含めた実質的なトップを任される原監督は、熱い思いを自ら伝える意思を示した。

丸に「時が来たらアクションは必ず起こす」とし、炭谷には「ジャイアンツの一員として意思を伝えに行くということはあり得る」とした。5年ぶりV奪回へ、どうしても欲しい2人に直接出馬という誠意で訴える積りらしい。原監督得意のグータッチが、また見られるのか?

 

2年連続リーグMVPが有力視される丸(29才:外野手、主にセンター)。原監督は前政権時を回想し「若い時から彼のプレースタイルを見ていた。ジャイアンツにとって非常に魅力のある選手」とラブコールを送った。今季は打率・306、39本塁打、97打点で広島のリーグ3連覇に貢献。

 

MVP経験者の国内FA移籍は過去6人だが、そのうち05年野口茂樹、06年小笠原道大、11年杉内俊哉の3人を原監督が交渉同席、もしくは直接電話で口説き落とした。脂の乗ったスラッガーに、5年もしくは6年で総額30億円以上の破格の条件を提示するもようだ。背番号も現役時代自身の「8」を与える積りらしい。

丸選手の年度別成績

西部の炭谷は名前で呼び、熱いメッセージを送った。「エース(正捕手)の経験は(捕手陣に)刺激を入れる。銀仁朗も我が軍において合致した選手」。小林は今季、先発に限ると95試合止まり。来季から阿部も捕手に復帰するが、そこに炭谷も加えることができれば一層の厚みを増す。球団は3年総額6億円規模の条件を用意し、16日にも交渉の場を設けるとみられる。

西部の炭谷捕手(31歳)

村田修一、大竹寛、片岡治大らも原監督時代に獲得したFA選手だ。今回も「きちんと自分の意思は球団の方に伝えてある」とし、自ら獲得に乗り出す積りだ。

広岡達朗氏が原監督の構想を批判

巨人のOB会副会長を務め、ヤクルトと西武を日本一に導いた名将・広岡達朗氏は、巨人の炭谷&丸FA獲得構想に「バカげてる」と批判を展開している。「巨人はドラフトでいい選手を獲っているんだから、FA選手を高い金をかけて獲る必要はない。

 

原は一軍を何とかすればいいと思っているのだろうが、秋季キャンプで原しか目立ってない。担当コーチが目立つようでないと巨人は変わりません。監督になった以上、コーチを育てる義務がある。(指導者経験に乏しいコーチを集めたのは)自分で教える自信があるからだろうけど、一軍から三軍までどうやって見るのかね。」と手厳しい。

 

宮本和知氏(投手総合コーチ)や元木大介氏(内野守備兼打撃コーチ)など6人の新任コーチ、そのうち4人に指導経験なし──巨人の原辰徳・新監督が敷いた布陣は驚きをもって迎えられている。そんな原ファミリー内閣に苦言を呈している。

 

「野球の勉強もせずテレビに出ている芸能人を揃えるばかりで、とても勝てる野球ができるとは思えない。勝率よりも視聴率を狙っているんじゃなかろうか。」と言っている。
宮本や元木に、もろにあてはまるなぁ。

現役時代に『オレが、オレが』とやってきた連中だから、自分のやったことがすべて正しいと思っている。それで未熟な若手選手を指導できるのか。監督が使いやすいコーチを集めたんだろうが、原が細かく指示できないならチームとして機能しませんよ。」

 

来月から秋季キャンプが始まる。不安の声は高まっているのだが、当の原監督は「球界の盟主復活」に疑いはないようだ。

 

原が監督を受けると報道があった翌日、(原監督に)電話をしたんです。『いつまでも監督をできるわけではないんだから、(監督の)後継者を育てなさい』と。すると原は『わかりました。いい話を聞かせていただきました』と答えた。1999年のオフに長嶋にも同じことを伝えた時は、『わかりました』と、原を育てた。原は、あのメンバーで誰を育てるつもりなのか?

 

確かにこの『のびのびしたコーチ陣』でも簡単に優勝してしまったら、もう誰もが名将と認めざるを得ないのだが・・・

宮本コーチなどは1997年に引退しており、実に22年ぶりの現場復帰となる。ホントに大丈夫なのか?

Sponsored Link
 

原監督の独裁政権?「のびのび野球」など夢のまた夢

 

広岡氏の批判を待つまでもなく、多くの巨人ファンはこのコーチ陣、FA選手ばかりの獲得に疑問を持っている。

 

折角、ドラフト1位の選手を多く獲得したというのに、まったくコーチが選手を育てられない。

「のびのび」してるのはコーチだけだ。

5年ぶりのV奪回ばかりに気を取られ、若手の育成が疎かになっている。このままでは、将来に禍根を残すのは目に見えている。

 

投手コーチにしても、宮本などより選手時代の実績があり、1990年代に斎藤雅樹氏とともに三本柱と呼ばれた槙原寛己氏や桑田真澄氏が、なぜ巨人のコーチに呼ばれないのか?

彼らの方が、よっぽど実績もコーチ手腕も長けている。要するに、原監督が使いやすい人間しかコーチに起用しないのだ。原監督の独裁政権なのだ!

 

FAで巨人から横浜に移籍した駒田徳広氏も同様だろう。自分からFAで出て行った選手は、もうコーチにする気がないのだろう。それほど、巨人は純血主義が好きなのか?
元木に打撃コーチが務まるとは到底思えない。無理だ。
あの男では・・・

 

毎年、こんな事ばかりしていると、ホントにファンに見放されてしまうぞ!すでに、日本プロ野球界が米国大リーグの草刈り場となって久しいのに・・・
自前の選手を育てる努力を惜しんでいては、もう振り返ってはくれない。完全に飽きられるぞ!

 

自前で育った若手が、伸び伸びと野球ができる環境を作っていかねばならない。その布陣が、原監督の構想からは全くと言っていいほど感じられないのだ。本当のファンは、努力を積み重ねファームから一軍に昇り詰め、生き生きとプレーする成長した姿を球場で見たいのだ!自分がひいきにして来た選手が育って行く過程をみたいのだ。

 

大相撲の幕下、褌担ぎから成長した力士を見たいという感覚に似ている。誰からも注目されていない時代から応援し、立派な力士になる過程をみるのが楽しみの一つなのだ。自分に人を見る目があったと思わせたいのだ。

 

それを考えると巨人は、まったく逆行している。広島や日本ハムなど他チームと比べると熱狂的なファンが、巨人は非常に少ないのではないか?ファン自らが声援を送り、地元で育て上げてきたという実感が持てない事が多いのが要因の一つではないのか?

 

今では、サッカー、卓球、テニス、バトミントン、スケートなど多彩なスポーツにファンが増え、相対的に相撲や野球ファンの数が減少して来ているのは確実だ。野球界での巨人の凋落はとうに始まっている。松井秀喜を引き留められず、メジャーに行かれたのが象徴的だ。

 

金で他球団より資金力が勝っているとは言え、こんな事を繰り返していると取り返しがきかなくなる。現に新聞の発行部数など減少の一途だ。親亀こけたら子亀もこけるぞ。

 

パリーグと比べるとセリーグに魅力も実力も亡くなって来ていると感じるのは私だけだろうか?

TVの広告収入が少なくなっているのと、制作会社がダメになって行くのと何かダブルなぁ・・・
何とかならないのか?

野球がダメになって行く気がする。少なくとも日本のプロ野球が・・・

 - 未分類