イッテQ!ねつ疑惑を日テレは否定するが、謝罪もあり!胡散臭い?

   

 

日本テレビ系の人気バラエティー番組世界の果てまでイッテQ!』(毎週日曜 後7:58)内の企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」で、実在しない祭りがラオスの「橋祭り」として放送されたとして、7日配信の「文春オンライン」及び8日発売の『週刊文春』が報じた。

 

Sponsored Link
 

日テレはねつ造疑惑否定、しかし謝罪もあり。

 

文春の指摘を受けて日本テレビは8日、番組サイドで祭りを「ねつ造」したとする報道を文書で否定した。一方、「橋祭り」は同所では初開催であったにもかかわらず、毎年行われているかのような誤解を招く表現があったことを認め謝罪している。

 

同企画は、「お笑いタレントの宮川大輔」が世界各国の祭りに赴き、現地の人たちと祭りで行われる競技などに参加するというもの。

 

問題となったのは今年5月20日放送の「橋祭り in ラオス」同国の首都・ビエンチャンで行われ、自転車で“橋”に見立てた全長25メートルの板を渡り、スピードなどを競う祭りとして紹介され、宮川も現地の人たちとともに参加した。

しかし、「文春オンライン」と『週刊文春』によると、ビエンチャンに赴任する日本人の駐在員やラオス情報文化観光省の担当者がラオスにそのような祭りはないと証言したといい、テレビ局側が持ち込んだ企画として現地にセットが組まれたと報道した。又、参加者に対して番組から賞金が渡されたとも伝えられていた。

日本TV局が8日に発表した文書では「今回の企画の成立について」として「企画は、現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はなく、また、番組から参加者に賞金を渡した事実もございませんと説明している。

また、ラオスの情報文化観光省とのやり取りについても「番組の趣旨を十分に説明し、正式な手続きを経て当局の許可をいただき、撮影にもご協力をいただきました」と報道内容を否定した。

「橋祭り」が実際に現地で行われているのかについても「現地コーディネート会社からの提案では、水の上の一本橋を自転車で渡る催しは、東南アジアのテレビ局でも取り上げられるなど各地で人気となっている催しとの事で、番組サイドでも資料映像等を確認した上で、企画決定に至りました」と経緯を説明している。

日テレの釈明・謝罪内容が意味不明!?

 

その一方で、この催しについてラオスでは村単位で開催されているとコーディネート会社から説明を受けていたものの、放送された会場での開催は今年が初めてだったことを明かした。

 

番組内では毎年同所で実施されているかのような誤解を招く表現があったとし、「今回放送した会場での開催実績を十分に確認しないまま作業を進めてしまいました。結果、この会場で初めての開催であった『橋祭り』を、放送では毎年行われているかのような、誤解を招く表現となりました。この点については、番組として真摯に反省すべき点があったと考えております」と謝罪した。

 

随分と苦しい言い訳に聞こえる。
この釈明をまともに受ける視聴者が世間にどれ程、いるだろうか?
視聴率20%越えを誇る番組だが、その視聴率を支えるために、かなり胡散臭い事をやっている感じが強い。

 

本当に、日テレ側からの企画・提案はなかったのか?
現地の少年達に出場賞金が配られた事実はないのか?
あったとしたら、ラオス文化を冒とくしたとして、国際問題に発展しても仕方がないな・・・言い訳の仕様がない!

 

大体、宮川大輔が「世界各地の祭り」に、100回以上も登場する企画なんて、相当無理を続けて来たのではないか?
世界中を見ても、TVで取り上げる程の祭りがそうそう幾つもあるものか?そろそろマンネリだよ!
もう、こんな企画止めるべきだよ。

 

全部、現地のコーディネートの会社のせいにしているが、ちょっと調べれば、すぐ分かったはず!
イッテQの制作会社に聞けば、祭りが毎年やられていたかなど、すぐ分かるはず。
やはり、日テレの文書回答は相当おかしい。

 

ある地域で今年初めて行われた祭を、『イッテQ』では、あたかもその地域で毎年行われている恒例の祭であるかのように演出がされていたという。

 

もう、その時点でヤラセであろう。他の局ならどうするだろう?まともな局なら、すぐ会見を開いて謝罪して、番組は「即刻終了!」になっても不思議ないのではないか?「番組打ち切り」と「幹部の首が飛んで」当然だな。

 

日テレはそれをやらない様だ。
ヤラセの完全否定はできないため、飽くまで現地コーディネート会社の話を信じてしまったという形で、責任をなすりつける方向に持っていくことにしたようだ。
恥ずかしいことと思わないのか?情けない・・・

「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)5月20日放送分より

Sponsored Link
 

 TV局から「ヤラセ」「ねつ造」が消えない理由は?

 

どうして、こうもTV局は飽きずに「ヤラセ」「ねつ造」番組をつくるのかな?
すべては、視聴率稼ぎのためナノなのだろうな!?
番組を盛り上げるため、スポンサーを確保するために、多少の「ヤラセ」「ねつ造」は仕方がないと思っているのだろう。だから、TV番組が信用されなくなる。自分で自分の首を絞めている。

 

『イッテQ!』の制作を担当している制作会社は、日テレの『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(1996~2002年放送)から一緒にやってきた会社らしく、さらに『進め!電波少年』(1992年~1998年)の元スタッフも『イッテQ!』の制作に深く関与しているらしい。

今ほどコンプライアンスが厳しくなかった当時は、今なら完全にアウトな「ヤラセ的行為」なんて日常茶飯事だったとのこと。もう、感覚がマヒしているのだな!

その名残もあって、番組を盛り上げるためなら多少の「脚色」は、やって当然と考えている節が見える。恥を知れ!TV局関係者よ!

 

週刊文春の記事

 

「週刊文春」はビエンチャン、タイ・バンコクで3週間にわたり取材している。セットを設営したタイ人スタッフ、祭りに参加し「協力費」をもらった少年たちの証言に加え、セットの設営を依頼した海外コーディネイト会社の社長、宮川大輔への直撃などの取材結果を、11月8日(木)発売号で、5ページにわたり掲載している。

 

暇な人は読んで見るといい。
ビエンチャンに赴任する日本人の駐在員は以下の様に異議を唱えている。

「ラオスで『橋祭り』なんて聞いたことはないし、周囲のラオス人に聞いても誰も知らない。そもそもこの地域で自転車といえば、外国人観光客がレンタサイクルに乗るぐらい。この『橋祭り』は不自然な点が多すぎる

 

ラオス国内の観光イベントを管轄する、情報文化観光省観光部のブンラップ副部長は、「週刊文春」の取材に次のように語っている。

 

「こうした自転車競技はラオスには存在しない。今回(の「橋祭り」)は日本のテレビが自分達で作ったのではないですか」又、同番組の取材申請を許可した情報文化観光省マスメディア局の担当者も「日本側の働きかけで実現した」と断言する。
「2人の役人が撮影に立ち会いましたが、(「橋祭り」は)ラオスで初めて行われたものです」

 

日本テレビ広報部は「週刊文春」の取材に次のように回答している。

「橋祭りはメコン川流域などでかねてから行われている催しで、地元のテレビ局などでも取り上げられております。今回は現地からの提案を受けて参加したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はありません」

 

どう見ても分が悪いな!日テレさん!
調べればすぐ分かるはずの事だよ。
恥の上塗りにならなきゃいいが・・・

 - 未分類