能年玲奈が干された元所属先に和解申入れ、どこで手打ちをするか?

   

 

所属事務所との独立騒動で芸名を「能年玲奈」から改名した女優のん(25)が、元所属先のレプロエンタテインメント騒動の謝罪をした上で、再びマネジメントをしてくれるよう依頼していたことが18日、分かった。

 

Sponsored Link
 

「のん」が元所属先レプロと和解?

 

レプロによると、今月上旬に「のん」自ら都内の事務所を訪問。「過去についての謝罪と、マネジメントを再度依頼したい旨の要望があり、本人との面会に至った」という。

「のん」は2013年のNHK「あまちゃん」に主演して大ブレークしたが、15年4月に独立騒動が勃発。「月給は5万円でパンツも買えなかった」などとレプロを激しく批判しながら、16年6月に独立を強行しただけに、わずか2年での突然の翻意に「正直、戸惑っている」(関係者)という。

 

そして、この“極秘面会”直後の様子を19日発売の写真誌「フライデー」(講談社)が報じていることが、さらなる疑念を生んでいる。レプロは「当事者しか知り得ないはずの情報が外部に漏れ、このような記事が出たことについては、大変不可解であり、誠に遺憾であります」とコメントし、面会情報が事前に漏れていたことへの不信感をあらわにしている。

また、同誌で「和解」と報じられていることにも「あくまで申し入れを受けただけで、何ら解決には至っておりません」と否定。来年のNHK大河ドラマ「いだてん」に、「のん」が出演するために事務所との和解を図ったとの見方について、NHK関係者は「全くない話」としている。

一方的な独立劇を引き起こしながら、なぜ突然翻意したのか。「仕事は行き詰まっていた。今のスタッフのままでは今後も展望が見えない」(関係者)との“本音”も聞こえてくるが、果たして本心は何なのか?今後の動向が注目される。

「のん」独立騒動後の芸能活動は? 

 

15年1月に個人事務所「三毛andカリントウ」を設立。その後、レプロとの対立が表面化。のんが公私にわたって付き合いのあった演出家を慕っていたことから“洗脳騒動”と報じられることもあった。

16年6月にレプロを離れ、翌7月に芸名を本名でもある「能年玲奈」から「のん」に改めて活動を開始していた。

 

これは、レプロが「能年玲奈」という名前を登録商法しており、芸能活動をするに際し、レプロの許可を求めるよう警告書を発送していたためである。言わば、苦肉の選択である。

 

しかし、「のん」独立後の活動内容にファンは落胆していた。女優仕事はなく音楽活動などで窮状を埋める状態だった。女優以外の活動が発表されるたびに、ファンの間では"これじゃない感"が漂っていた。

 

現在24歳となり『あまちゃん』や映画『ホットロード』で見せたピュアな役も厳しくなっている。

 

彼女は現在、『LINEモバイル』のテレビCMに出演している。これがひんぱんに流れているので、完全復活の印象を受けるが、まだまだテレビ出演には高いハードルがある。LINEは新興のIT企業なので、出演可能だったにすぎない」と広告代理店関係者は語る。

 

実際、レプロのHPには『能年玲奈』が、つい最近まで所属タレントとして掲載されていた。同事務所は新垣結衣などの人気女優を抱え、芸能界でも影響力が大きい。そのため各テレビ局は『のん』にオファーしたくても、レプロに配慮してキャスティングできない状態でいる。

 

スポンサーも同様でトラブルを抱えたままの女優を起用することには及び腰。独立問題の際、先生と慕う演出家に『洗脳』されたと一部で報道されたイメージダウンも大きい」と語るのは某民放テレビ局局員。

 

だが、のんは小規模の公開予定だったアニメ映画『この世界の片隅に』に、片渕須直監督のたっての願いで声優として出演。これが興行収入25億円を突破する大ヒットとなり、風向きは変わりつつある。

 

Sponsored Link
 

独立して一見、順調の様に見えるが…

 

「いまは個人事務所では捌ききれないほど、仕事のオファーが舞い込み、雑誌の連載や書き下ろし本の出版の計画が複数進んでいるようである。

但し、相変わらず民放のテレビ番組や、大スポンサーやテレビ局が絡む映画からの依頼はないと聞いている。事務所のスタッフはもともと芸能界とは関係のない人たちなので、強力な後ろ盾もいない。レプロと和解しなければ、この状態を打開することは簡単ではないでしょうね」と芸能事務所関係者は語る。

 

そんな「のん」の救世主となりそうなのが、あの人気脚本家だ。「『あまちゃん』の脚本を手がけたクドカンこと宮藤官九郎である。いまもクドカンはのんと連絡を取り合う親しい関係。彼が脚本を書く'19年放送の大河ドラマに、のんは起用されることになると思う。

 

同作のチーフプロデューサーと演出家が『あまちゃん』と同じですし、主演の阿部サダヲと中村勘九郎はレプロとの関係が薄い。そもそもNHKならスポンサーは関係ないですし、芸能界のしがらみもさほど気にしません」(前出・芸能事務所関係者)

 

のんは騒動後、雑誌の取材に以下の様に答えている。

「役者としての想いは変わっていません。暇な時間ができましたが、お休みしている意識はなかった。感覚が鈍らないように、演技やクラシックバレエを習ったりと忙しかったです」と・・・

 

彼女が本名を取り戻し、活躍できる日を待っているファンは多い。所属事務所に無断で個人事務所を設立したツケはかなり大きかったと思う。歳が若い、未熟だったでは済まされないケースもある。詫びる所は詫び、出直した方が良い。このままでは頭打ちの状態で終わってしまう。折角の才能が立ち枯れしてしまう。

 

芸能プロダクションは海のものとも山のものとも分からない若手を一から教育し、レッスンを施し多額の初期投資を行い有望タレントに育て上げる。

 

それが、タレントを従属関係に堕とし占める弊害はあるのだが、やはり契約違反に限りなく近い無断で個人事務所を設立する行為などは良くない。それをさせた大人も悪いが、・・・

 

「のん」は高い授業料を払ったと自覚し、一から出直しを図った方が良いと思える。失ったものはあまりに大きい。しかし今なら、まだやり直せる。又、文春やフライデーなどへの過度の露出も控えるべきである。無用な憶測を呼び、立場を悪くさせるだけである。

 

そして、今度こそ契約を締結する前に芸能界の問題に詳しい弁護士に良く相談すべきだ。和解を申入れしたのは正解だ!

 - 未分類