前澤友作と剛力彩芽の破局はいつか?世界初民間月旅行前に終りか?

   

 

日本時間9月18日午前、米宇宙開発企業「スペースX社」のイーロン・マスクCEOが記者発表会を開き、同社が開発中の次世代大型ロケット「ビッグ・ファルコン・ロケット(BFR)」による世界初の民間月旅行の乗客第1号として、日本のファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの代表取締役社長 前澤友作(42歳)さんと契約を交わしたことを発表した。

 

Sponsored Link
 

世界初民間月旅行が、剛力彩芽との破局のカウントダウンとなる可能性は?

 

どこへでも剛力を連れていく印象のあった前澤社長だが、なぜ、最大イベントの月旅行には連れていかないのだろうか?

 

前澤社長は米宇宙ベンチャースペースX』が開発中の大型ロケット『BFR』で月の周囲を飛行するそうで、その費用はおよそ700億~1000億円程度とみられている。

前澤社長の個人資産は約3000億円との報道があり、資産の3割ほどを使って月へ行く構えだ。

 

現に先に行われたロシアW杯の決勝戦には、自家用ジェットで剛力と一緒に行き、10月4日発売の『女性セブン』では、前澤友作社長と仲むつまじく、フランス・パリの夜を闊歩する姿がスクープされている。

相変わらずのラブラブで「めごっち良かったね」と一安心、目のやり場にも困るほどだったとか・・・

 

実情を良く知る人に寄れば、「単純に考えれば、5年後の2023年に剛力と交際しているという保証がないからでしょうね。

 

前澤社長は数多くの女性と交際経験があり、婚外子も3人いるとされます。
タレントの紗栄子と交際していた時期もありましたが、約2年で破局。

 

同じ女性と5年以上付き合うとは考えにくく、前澤社長自身もそのことをよく分かっているのだと思います。もし結婚すれば長年寄り添うことになるのかもしれませんが、そもそも前澤社長は結婚に興味がありませんからね」と事情を知るマスコミ関係者が語る。

 

前澤社長は9月発売の『文藝春秋』のインタビューでも、剛力との結婚について聞かれたところ、「ないです」と完全否定していた。

「前澤社長にとって、剛力は「期間限定」の彼女。
人生を共にする気はさらさらないと思います。

前澤社長のインタビューが世間に広がると、女性たちからは『さすがに剛力がかわいそう』『結婚全否定って…これでも剛力は付き合い続けるの?』『剛力が惨め過ぎ。セフレ認定されただけじゃん』といった声が上がりました」

前澤社長の結婚観月旅行の予定を見ると、剛力と5年以内に別れることはほぼ確実だろう。
ロケット発射のカウントダウンが2人の破局までの時間も刻むことになるとは、前澤社長のハイセンスに脱帽だと
業界筋、専らの噂である。

前澤友作社長の「月旅行」表明が注目される訳

発表会に登壇した前澤氏は「人類にひらめきを与え続けてきた月に自身も小さなころから魅せられてきて、月を間近に見ることのできる機会を逃すべきではないと思った」と語った。

ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイ社・前澤友作社長による「月旅行」の表明が注目を集めている。

9月17日、アメリカで宇宙開発企業代表と会見を開いた前澤社長。2023年の実現を目指しているとし、6人から8人アーティストと同行すると宣言した。

そこで気になるのは「どのアーティストが月に同行するか」だ。前澤社長といえば女優の「剛力彩芽」と交際中で知られるため、「剛力が同行者に含まれるのでは?」との憶測も囁かれていた。

 

実際に彼女の所属事務所(オスカープロモーション)には、質問が殺到したそうであるが、すぐさま「剛力が月に行く予定はない「あくまで前澤氏のプロジェクトです」と完全否定している。

 

同行するアーティストについて「日本人がゼロということはないと思いますが、せいぜい一人との見方が強いですね」と、あるテレビ関係者が実情を明かす。

 

「前澤社長は海外のミュージシャン画家に強い興味を持つ『海外志向派』。今後、同社の世界展開の予定を考えても日本人だけが選ばれることはまずないでしょう」と語っている。

月行きが有力視される人物の「実名」が、すでに何人か挙がっている。

「極めて月旅行に近いとされているのが、前澤社長が作品の大ファンである現代美術家・村上隆氏。ルイ・ヴィトンのデザインでも知られる超有名アーティストですがネックは年齢!村上氏は現在56歳のため2023年には還暦を超えていて、11日間の宇宙生活に耐えられるか年齢的に厳しいのではとも言われている。」

そこで、意外な名前も登場!

「村上氏が行かない場合、意外かも知れませんが、元SMAPの香取慎吾にオファーがあるのではとの見方が強い。香取は美術家としての実績はこれからですが、長年歌手・俳優と広義の『アーティスト』として大活躍していて、何より話題性バツグン!もともと前澤社長がSMAP好きを公言していることもあり、かなりの有力候補になると思います」と語られている。

 果たして、実現の可能性は如何?

Sponsored Link
 

前澤友作のプロフィール

 前澤友作(マエザワユウサク)

生年月日:1975年11月22日 (42歳)

出身地:千葉県鎌ケ谷市

前澤 友作は、日本の実業家。

ファッション通販サイトZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイの創業者であり、代表取締役社長。

 

また、現代アートの普及活動及びアーティストの活動支援を目的とした公益財団法人 現代芸術振興財団の会長。

血液型O型。

 

剛力彩芽との別れの手切れ金は、絵画やバイオリンの購入額より、遥かに安くなるだろうと噂されている。

前澤友作社長(42)が10月2日、自身のSNSで1717年製のストラディヴァリウスを購入したことを明かしている。

前澤社長はツイッターで「1717年製のストラディヴァリウス『Hamma(ハンマ)』を買いました。その金額はなんと、10億円!?

バスキア絵画:約123億円昨年7月頃購入)と同じように、世界中を旅させ、現地音楽家の協力のもと、その地域や国々の子供たちの耳にその力強くも繊細な奇跡の音色を届けていきたいと思います」とつづった。
インスタグラムでは前澤社長が演奏する動画も公開されている。

 

バスキア購入については、「美しいものを見てもらい、人々と共有したい」と前澤は言い、世界各地の美術館にも所蔵作品を貸与する考えがあると付け加えた。「自分のためだけにとどめておくのはもったいない」と。・・・

みんなのコメント

●そんなの買ってないで、貧困地域に病院か、学校でも建ててあげて下さいよ。
ZOZO
で買い物するけど、この人のお金の使い道にはゲンナリする。
バイオリン代で救われる命がどれだけあることか・・・

 ●別に前澤さんのことどうも思ってなかったけど、、こういうものはバイオリニストとか、もっとバイオリンや
音楽に思い入れのある人が手にするものだと思ってた。

●絵画もこのバイオリンにしてもお金あるから買えるのはわかるけど、なんかちょっと違う気がする…ちゃんと価値わかってるのかな。。。まあ私なんかよりはわかるだろうけど。

音楽に対する冒涜。金があれば何をしても良いわけではない。

楽器がどれだけ素晴らしくても奏者がそれなりだったり心の中が後に現れるできれば、その楽器を才能溢れる若手に貸し出すなりしてほしい前澤さんが出す音色よりももっとピュアでステキな音色になると思う。

 ●世の中金なんだな

 ●こういうのは好奇心で買わないでほしい。持つべき人は、選ばれし人で、必ずしも金持ちではないはず

 貸すならわかるけど…弾くの?弾けるの?

 ●お金持ちじゃないとちゃんとした保存はできないと思う。保存するだけで莫大な費用がかかりそう。

 ●安いバイオリンでストラディバリウスと同じ音色を出せる奏者が奇跡の音色というものだろうね

 どうも否定的な意見が多い様である。
けど、やっかみ半分のものも多い様に思えるけど・・・

月に代わってお仕置きされなければいいが・・・

 ZOZO前澤氏の「月旅行」に早くも暗雲か!?

1000億円パー!の可能性!・・・

米司法省が捜査に着手「マスク氏はアウト」の声も・・・

 

米宇宙開発企業「スペースX」の、イーロン・マスクCEOは、4~5日かけて地球と月を往復。月面着陸は行わないものの、実現すれば1972年の米アポロ計画以来初めての有人月旅行となる。BFRは早ければ2023年にも前澤氏を乗せて地球を飛び立つという。

 

米電気自動車メーカー「テスラ」のCEOでもあるマスク氏をめぐっては、このほど株式非公開化に伴う相場操縦疑惑で、米司法省が捜査に着手。マスク氏は毛嫌いする空売り投資家グループに打撃を与えるために、8月7日にテスラを非公開化する計画をツイートした。

これにより同日の取引でテスラ株は前日比11%上昇。

しかしその後、テスラは既存株主の反対を理由に株式非公開化の計画を撤回したことで、根拠のない“非公開化ツイート”で株式市場を混乱させた疑いがもたれている。

「マスク氏を天才実業家と評する声もあるが、ネット番組で大を吸ってみたり、差別発言してみたり、挙動には経営者として疑問符がつく。相場操縦疑惑については、アナリストからも『アウト』という声が多く、巨額の制裁金を課される可能性がある。当然、マスク氏は罪に問われることになる。こうなると、BFRどころではない。計画自体が頓挫することもありうる」

 

月旅行の権利を買い取り、巨額の開発資金を捻出したものの、すべてがパーになる可能性が浮上した!
月に代わってお仕置きされなければいいが…。

 - 未分類