貴ノ岩が元横綱日馬富士を民事提訴!損害賠償請求額2400万円上

   

 

大相撲の幕内・貴ノ岩(28歳)が4日、秋巡業中だった昨年10月に横綱日馬富士(34歳、番付は当時すでに引退)から暴行を受け負傷した傷害事件について、同氏に対して損害賠償を請求する民事訴訟を東京地裁に起こした。東京・霞が関の司法記者クラブで代理人弁護士が記者会見を開き事情を説明した。この訴訟の請求金額は2413万5256円としている。

 

Sponsored Link
 

損害賠償額の内訳!

代理人弁護士によると、貴ノ岩とすでに引退している元横綱日馬富士の間で示談が成立せず、東京簡易裁判所に8月に申し立てた民事調停が不調に終わったことを受け「もはや話し合いによる紛争解決ができない」と判断。東京地方裁判所に損害賠償請求の訴えを提起したと報告した。

請求金額の内訳は以下の通り。
【積極損害】入院治療費用等 435万9302円
【逸失利益】
(1)給与差額 148万1840円
(2)懸賞金の逸失 900万円
(3)巡業手当の逸失 38万円
(4)退職時の幕内養老金等の減 172万円
逸失利益の合計は1258万1840円

【慰謝料】 500万円
【弁護士費用】 219万4114円

入院治療費等(積極損害)の実費部分を除き、請求金額の根拠となっているのが「逸失利益」。これは、貴ノ岩が事件がなく、力士としての職業を幕内で全うしていたら幾ら稼いでいたか、という視点から算出された。懸賞金については幕内に在籍し続けたとして、幕内在籍時の平均懸賞本数を1場所60本から70本と試算。勝率49%、1本6万円として1場所懸賞30本を、休場2場所と懸賞が出ない十両に落ちていた3場所を合計し、5場所分として概算したという。

会見で対応した佐藤歳二弁護士は「サラリーマンの怪我でも同じだと思います。収入に影響があるような怪我をさせられたら逸失利益は当然のことだと思います」と主張した。

なお、貴ノ岩や、師匠だった元貴乃花親方の花田光司氏(46歳)からの談話については「訴えの内容については、もちろん(貴ノ岩)本人に了解を得ていますけど、一切、コメント等はいただいておりません」とした

現役力士が訴訟を起こすのは極めて異例の事態

日本相撲協会を退職した元貴乃花親方(元横綱)の元弟子で、千賀ノ浦部屋に転籍した西前頭13枚目の貴ノ岩が、とうとう元横綱日馬富士に対し民事訴訟を起こした。

 

貴ノ岩は昨年10月、秋巡業中の鳥取市内の宴席で、当時横綱だった日馬富士から、カラオケの大きなリモコンなどで殴られる様な暴行を受けた。頭部などを負傷し、昨年11月の九州場所と今年1月の初場所を2場所連続休場する羽目になった。そのため幕内から十両に転落した。

 

貴ノ岩は、傷害事件で受けた心身の被害に対する慰謝料、休場中に得られたであろう懸賞金などの金銭的補償を求めていたが、元横綱は示談に応ぜず今回の提訴に至った。

 

旧貴乃花部屋の力士らを受け入れ、始まったばかりの秋巡業を負傷のため休場した貴ノ岩の新師匠となった千賀ノ浦親方(57歳:元小結隆三杉)は、寝耳に水といった表情を浮かべ、「貴ノ岩と話さなくてはいけない」、一連の事情を知る元貴乃花親方とも連絡を取る意向を示した。

 

協会側の反応は?

芝田山広報部長(55歳:元横綱大乃国)は「何もない。千賀ノ浦親方からの連絡もない」と話した。実務担当者によれば、現役力士が原告となって訴訟を起こすことは「親方ではなく、力士では記憶にないほど」と極めて異例中の異例事態である事を強調する。

 

訴訟は基本的人権であるし、師匠が掌握する範疇として、協会が本人から直接事情を聴くことはないとしている。しかし、訴訟になれば力士が証人になる可能性が浮上する。協会としては、その調整は拒まないという。

 

日本相撲協会としては、貴乃花親方を謂わば追放するような形で処分を決めたが、また、新たな火種が散るような様相である。

 

相撲協会は、我関せずといった態度か!?
積極的に問題解決にはタッチしないというスタンスらしい。
一人の男が、モンゴルからただ一人やって来て、元横綱の理不尽な暴力・傷害のために相撲人生を大きく狂わされたというのに・・・

Sponsored Link
 

元横綱日馬富士は自分が犯した罪の大きさに気づいていない!

千賀ノ浦部屋では、4日、貴乃花部屋から8人の力士が移籍後、初めての朝稽古が行われ、関取経験者の貴公俊らが精力的に汗を流した。すり足のやり方など稽古内容の違いに若干戸惑う場面もあったが、師匠の千賀ノ浦親方が細かく指示を出し、最後の申し合いまでこなした。

 

千賀ノ浦親方は「新たにという感じはしない。みんなが一枚でも番付が上に上がるように、ばんばんやってゆく」と抱負を語っている。

 

貴ノ岩の生い立ちの壮絶さ。
貴ノ岩はモンゴル国ウランバートル市の出身。
貴ノ岩は5人兄弟の末っ子で、上には兄が3人、姉が1人いる。(しかし、 姉は幼い頃に誘拐されて今も行方不明であるらしい。)

 

貴ノ岩の生い立ちは不幸で、8歳で母・アルタンゲレルさんを心臓病で亡くしている(享年46歳)。
また、16歳の時に来日してから3カ月後に父・アディアさんを肝臓癌で失うという不幸があった(享年64歳)。
こうして、16歳までに両親と死別している。

 

一番上の兄貴は貴ノ岩を日本に送り出すために身を売った(10年年季の国境警備兵)という。
貴乃花が兄弟の親代わりとなり、 次兄は貴乃花の援助で大学に行って教師になったらしい。

 

貴ノ岩は、鳥取城北高校の監督がモンゴルで行った選抜テストに合格し、16歳で日本に相撲留学している。
当時の鳥取城北高校は毎年、貴乃花部屋で合宿をしていたため、この頃から貴乃花部屋とは縁があったと言える。

 

2008年11月、少年時代に憧れだった貴乃花が師匠の貴乃花部屋へ入門しており、日本の相撲界で活躍して、現在に至っている。

 

元横綱日馬富士は断髪式までに、幾ら稼いだのだろうか?
9月30に断髪式が行われたが、ご祝儀が相当入っているはずである。
日馬富士は「世界を旅して勉強したい」などと呑気なことを言っているが、自分の犯した罪の重さをまだ良く理解していないのではないか?

モンゴルの後輩に理不尽な暴力を一方的に振るっておきながら、最後まで示談に応ぜず訴訟に至ってしまった。
自分が振るった暴力のせいで貴ノ岩の相撲人生に大きな狂いが生じているのは間違いのないことだぞ!

 

逸失利益や慰謝料を考えたら、2400万円足らずの金を払うのに何のためらいがあるのだろうか?
一般社会では、完全な傷害罪である。逮捕・拘禁されても不思議のないケースだ。
横綱を張って何年になるのか?
いくら稼いできたのか?
2400万円足らずの金を惜しんでいて問題が解決すると思っているのか!

 

下手すれば、貴ノ岩の相撲人生に大きな支障が出ても不思議がない怪我だった。
今秋巡業を怪我のため、貴ノ岩と貴源治が休んでいるが、お前が与えた暴力が影響しているのではないか?

 

元横綱が、これしきの金を惜しんでいてどうする?
現に怪我させられた相手は2場所連続休場で、これから先の相撲人生に、すでに大きな誤算を生じさせられている。
幕内から十両に落とされてしまっている。
男として、勝負師として気概を見せろ!

 

元横綱日馬富士よ!
恥を知れ!
はした金をケチるな!?
今までに、お前は何億稼いでいるのか?

 - 未分類